fc2ブログ
日経225先物サインを配信中!2022年+1463万円!
投資対象として日経225先物取引

日経225先物取引とは、日経平均株価を対象とした先物取引です。
株式投資の場合、初心者にとって最も難しいのは銘柄選びです。
東証一部、二部、マザーズ、ジャスダック他、銘柄数2000を超えます。
この無数にある銘柄の中からどういった基準で投資する企業を抽出すればいいか、この部分がかなりハードルが高いと思います。

日経225先物取引では、その銘柄選びをする必要がないので簡単です。
日経平均株価と連動した株価指数に対して投資を行うので、特定の企業に投資をするわけではありません。
ですので、個別企業の倒産や不祥事の発覚といった突発的なリスクを負う心配はありません。

上昇トレンド時の「買い」はもちろんのこと、円高に振れて市場が下落すると言う予想があるのなら「売り」から開始することもできます。

具体的には、あらかじめ定められた期日に、日経平均株価をあらかじめ決めた価格で売買する契約となります。
日経平均株価が上がると思う場合は買い(買い建て・ロング)、下がると思う場合は売り(売り建て・ショート)をすることができます。
日経平均先物取引の買い手は満期日の原資産(日経平均株価。ただし、厳密にはSQ値と呼ばれる精算価格)が約定価格を上回れば利益、下回ると損失が発生します。(売り手についてはその逆)
また、満期日(SQ前)であっても反対売買(買い建ての場合は転売、売り建ての場合は買い戻し)によって満期前に先物取引を終了させることもできます。

→日経225先物取引のメリット



関連記事

【2000/01/11 20:59】 | システム&ルール
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック